【画像付き】口コミで評判の良いヴィタクトを購入したので使用感レビュー!

VITAKT(ヴィタクト)バランシングウォーター

「30代に突入してからくすみや乾燥、毛穴の開きが一気に目立ってきた…」私も30歳を超えてからそんな悩みを驚くほど実感するようになってきました。

大人の肌は、過保護なスキンケアによって与えてしまう肌への摩擦ダメージや、エアコン、紫外線などの外的刺激、肌細胞のターンオーバーの乱れなどの要因で、どうしてもくすんだり毛穴の開きが目立ってきてしまいますね。

今回は、「30代からのシンプルスキンケア」をコンセプトに誕生したオールインワンゲル、「ViTAKT(ヴィタクト)バランシングウォータージェル」を使ってみたので、実際の使用感や肌がどう変わったのかなどをレビューしていきたいと思います(^^)/

ViTAKTのキャンペーンページを見てみる

スポンサーリンク

ヴィタクト バランシングウォータージェルってどんなオールインワン?

ポイント

年齢肌に対してあれこれ塗りたくることをせずに、「失われていく水分量をカバーできるくらいの保湿を“シンプルに”行う」この考えをコンセプトに生まれたのがヴィタクト バランシングウォータージェルです。

ちなみに全成分がこちら。

(全成分)天然由来成分91%
温泉水、グリセリルグルコシド、グリセリン、ペンチレングリコール、DPG、水、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、アルギニン、スイゼンジノリ多糖体、シロキクラゲ多糖体、チューベロース多糖体、オプンチアフィクスインジカ果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヨモギ葉エキス、シャクヤク根エキス、スクワラン、トコフェロール、オリザノール、コメ胚芽油、オリーブ果実油、ホホバ種子油、ベルガモット果実油、エクトイン、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、セレブロシド、加水分解水添デンプン、BG、キサンタンガム、テトラヒドロピペリン、水添レシチン、グリコシルトレハロース、コレステロール、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、メチルグルセス-10、塩化Na、エチドロン酸4Na、エチドロン酸、PEG-20ソルビタンココエート、フェノキシエタノール

①3種のプレミアム処方

ヴィタクト バランシングウォータージェルの成分のポイントは、ずばり「水」「藻」「天然オイル」♪

北アルプスの温泉水を使用

バランシングウォータージェルには、ミネラルバランスが良いといわれている北アルプスの温泉水が使われています。

分子構造がかなり微細であるという特徴をもつ水なので、肌の角質層までしっかりと浸透し、潤いを保つ役割。

驚異の保湿力を持つサクラン(スイゼンジノリ多糖体)配合

サクランとは、希少な藻の一種である「スイゼンジノリ」から抽出される天然成分で、その保湿力はなんとヒアルロン酸の約3倍といわれています。

このサクランの成分でできたベールが肌を覆うと、洗い流すまで目元や口元の潤いが保たれるという研究結果も。

干ばつにも負けないウチワサボテンから採れる美容オイル配合

ウチワサボテンは、高温や干ばつの厳しい砂漠の地でもたくましく生きる植物で、このサボテンから採れるオイル。

もともとヒトの肌に含まれているタンパク質の一種に、ヒートショックプロテインという外的ダメージから肌を守る働きをするものがあります。

過酷な環境下でも育つウチワサボテンにはそのヒートショックプロテインの働きをサポートする「エクトイン」というアミノ酸が豊富に含まれています

今まで数々のスキンケア用品を試してきたけれど、このウチワサボテンオイルが含まれているものは今回初めてです。それだけ希少な成分ってことなんでしょうね(^^)

その他にも、ホホバ種子油、オリーブ果実油、コメ胚芽油、などいずれも保湿・保水力に優れた効能を持っている天然成分計9種が配合されています

9種の天然由来成分

②肌にやさしい無添加処方

無添加処方

ヴィタクト バランシングウォータージェルは、「合成着色料」「合成香料」「パラベン」「エタノール」「鉱物油」「シリコン」がいっさい含まれていない低刺激の無添加処方ですので、敏感肌の方でも安心して使えます。

このように、ヴィタクト バランシングウォータージェルには

  • 浸透性の高い温泉水を使用
  • サクランやウチワサボテンオイルなど希少な美容成分を配合
  • 6つの無添加処方

といった特長があります。

スポンサーリンク

ViTAKT(ViTAKT)バランシングウォーターの良い口コミや悪い口コミ

ヴィタクトの口コミは本当?実際に購入したので使用感をレビュー!

バランシングウォータージェルは、注文してから翌々日には発送完了メールが届き、そのさらに次の日には手元に届いたので、注文してからはたったの3日で届いたということになります。早い!

このような箱で届きました。
郵便受けには入らないサイズなので、直接配達員さんから受け取る必要があります。

箱を開けてみると、明細書、ご挨拶の手紙、定期便特典の案内、ヴィタクトのブランドブックのみといたってシンプルな同梱物が。余計なものは入っていません。

VITAKTの梱包

そしてそれらの一番奥に、ヴィタクト バランシングウォータージェルの本品が入っていました(^^)

VITACT本品

内容量は朝・晩使用して約2か月分、120mlということで、けっこうずっしり感があります。

プッシュ式のボトルタイプなので、清潔感もありジェルを取り出すのも楽ちんです(^^♪

まずワンプッシュ手の平に取ってみると…ジェルはほぼ無色透明。ボトルをプッシュしてみた感じだと硬すぎないほど良いとろみがあり、うっすら気泡が見えるのがわかるかと思います。

VITACTテクスチャー

においはほんのりと柑橘系の香りがします。が、意識しなければほぼ無臭に近いくらいの程度です。
合成香料は配合されていないので、この柑橘系の匂いはおそらく天然由来の配合物ベルガモット果実油の香りでしょう(^^♪

伸ばしてみると、プッシュした感覚よりもずっと滑りが良い!スルスルっと伸びる感じで、ワンプッシュだけでも十分に手の甲全体にジェルが行き渡ります。

VITACTテクスチャー2

少しの間指でくるくるとジェルを刷り込ませてみると、あっという間になじみました。程よいしっとり感があって、粕のようなモロモロが出るようなこともありません。

お次は洗顔後の顔にもつけてみたいと思います(^^)/

とその前に…まず最初に、洗顔後の肌水分量をチェック。結果は33%とかなり低め。

ViTAKT使用前の肌水分量チェック

湿気の多い夏場でも油断はできないですね(*_*;

では、このジェルを洗顔後の顔につけてみたいと思います。

ヴィタクトのブランドブックに書かれていた1回分の目安は2~3プッシュとのことなんですけど、実際はかなり伸びが良いので1プッシュ半~2プッシュで十分です。

頬につけた直後はかなりつるつると滑りが良いんですが、30秒ほどマッサージすると驚くほど早く肌になじみます。

このように、毛穴がキュッと引き締まるような感じで、かつしっとりと保湿もされてます

ヴィタクト使用後の肌

バランシングウォータージェルをなじませてから5分後の肌水分量を測ってみると…

ヴィタクト使用後の肌水分量

44%!なんと10%もUPしてました(^^)

べたつきはいっさいなく、ジェルのとろみのわりにはさっぱりとした軽い肌なじみです

ViTAKT使用後の肌アップ

乾燥肌がひどい人は、気になるところには最後にもう1プッシュ重ね塗りするのがおススメ。

私はお風呂上がりに1.5プッシュほどつけて、寝る直前に口元と目の周りにもう1プッシュなじませてます。これをやったらはっきり言って美容液はいりません

翌朝起きた時もしっとり感はちゃんと残ってました。

若干、寝起きの際の小鼻周りの皮脂浮きが気になるかな?と感じたけれど、それで吹き出物ができるといったような肌トラブルはありません。実際に2か月間使ってみて実証済みです(^^)

とにかく肌なじみが早いので、朝時間がない時のメイク前の保湿にはかなり重宝しますし、化粧ノリも良くなります

ヴィタクトバランシングウォータージェル、CCクリームとの相性は良い?

さて、私は最近、メイクの最初の工程にCCクリームを使っています。

もともとメイク時に肌にあれこれ重ね塗りをするのが嫌いなので、UVカットの機能もあるし、ということで日焼け止め兼化粧下地として使っているんですが…

そのCCクリームというのがコチラのパラドゥのCCクリーム。

パラドゥのCCクリーム

外泊をした際にメイク道具一式を持っていくのを忘れてしまい、慌ててコンビニで買った間に合わせのコスメなんですけど、意外と肌なじみが良いのでそのまま使い続けています。

バランシングウォータージェルをつけた直後にこのCCクリームを塗るので、相性はどうかな?とちょっと気になったんですけど、まったく問題ありませんでした。

むしろしっかりとカバーできて保湿感もばっちり。

試しにバランシングウォータージェルではない化粧水(ドラッグストアで売っている800円くらいのやつ)をつけてからCCクリームを塗ってみると…
こんな風にちょっと粉浮きしてしまうんですけど…

粉浮き

ヴィタクトのバランシングウォータージェルをなじませた後だと、乾燥感がなくきれいに仕上がります

ヴィタクトレビュー画像23

全体的にメイクのノリも良くなりますよ♪

ヴィタクト バランシングウォータージェル、〇〇のパックにもいける!

アイディア

バランシングウォータージェルの使用感は、「なじみが早い」「保湿感バツグン」という印象が強かったんですけど、それ以外に協調したいのが「刺激がかなり少ない」ということ

無添加処方だし、基本的に肌荒れしているときにも使えるので敏感肌の方でもおそらく問題なく使えるかと思います。

私の場合、唇の皮膚が弱くてすぐ乾燥したり皮むけしてしまうんですね。これは冬場に限らず1年中です。

なので、唇のケアはけっこう頑張っている方なんですけど、ヴィタクトのバランシングウォータージェルはにおいもほとんどないし、テクスチャー的に唇のケアにも向いていると思ったんですよ。

で、夜のケアの際に唇にも塗って、さらに唇専用のパックシートを併用したら、すんごいプルプルになったので、リップケアに力を入れている方にはこういった使い方もおススメです(^^♪

唇専用パックシートというのがこちらのCHOOSYというシリーズで、私は4年前くらいから愛用しています。

唇専用パックシートCHOOSY

香りの種類は全部で5種類くらいあるんですけど、私は特にこの写真のフルーツ(トロピカルな香り)とピーチのやつが気に入ってます♪
ドラッグストアとかバラエティーショップで1個100円くらいで売ってます。

最初にバランシングウォータージェルを唇に塗るんですけど、その時はもったいないから0.5プッシュくらい。

でもCHOOSYのパックシートが唇よりも大きいサイズなので、口まわりも一緒にパックケアしたいなら1プッシュで唇の外側(鼻と口の間とかほうれい線ができやすいあたりとか)にもぬりぬりしてもOKです。

ヴィタクト唇に塗る

で、まだジェルが唇に残っている段階(しっかりとなじむ前)で、CHOOSYのパックをべちゃっと貼り付けます。

パックはこのようにゲル状になっていて、プルプルとスライムのような手触りです。

CHOOSYゲルパック

ジェルがなじみ切る前にパックを乗せるというのがポイント。

その方が、パック中にジェルがより浸透しやすくなるし、パックの張り付き力も良くなります。この状態で10分~15分パックします。

CHOOSYパック貼り付け

時間がない時は、5分程度でもOKです。短時間でもかなり効果はあると思います。

今回は10分程度パックしてみました(^^♪

すると、こんな感じでプルプルになります。(唇の血色はなかなか良くならないですが…)

パック使用後の唇

朝のメイク前にもこのバランシングウォータージェルとCHOOSYのパックをするのが理想なんですけど、私は朝弱いので夜のスキンケアの時しかできていません。
でも、このリップケアをする時がけっこう至福の時間だったりします♪

リップケアで何か良い方法はないかなぁ?と思っている方は、ぜひ試してみてください(^^)/

ということで、ヴィタクト バランシングウォータージェルの特長と使用感をレビューさせて頂きましたが、まとめてご報告すると、次のような感じになります。

  • 浸透力の高い天然温泉水やサクラン、ウチワサボテンオイルなど希少な成分がたっぷり配合
  • 7つの無添加処方、においもほとんど少なく低刺激
  • ジェルは程よいとろみで伸びがかなり良く肌なじみがとにかく早い
  • 保湿感申し分ナシ、重ね塗りすれば美容液も必要ナシ
  • CCクリームなどのベースメイクとの相性OK
  • 唇のパックにもおススメ

といったところになります(^^♪

個人的には唇のケアにも併用できるところがかなりお気に入りです。

クリームタイプのオールインワンジェルは、味やニオイがどうしても気になってリップケアには使えないことが多いので…。

ちなみに、ジェルタイプなのでボディケアにはそこまで向いてないかな?と思うんですが、顎の下や首のケアには使えます。

一度デコルテあたりまで塗ってみたら、最初はちょっとベタつきが気になったけれど時間が経つと程よくなじんでベタつきはなくなり、むしろさらっとした肌触りになりました。

ヴィタクト バランシングウォータージェルはどこで買える?お値段は?定期便は必須?

料金

シンプルなのに保湿がしっかりできて使い勝手の良いヴィタクト バランシングウォータージェルですが、気になるのがお値段。

通常の価格は、120ml(約2か月分)で9,800円(税抜)。

公式サイトの定期便コースだと初回が1,800円(税抜・送料無料)とかなりびっくりする値段で購入できます

しかも、サンプルサイズではなく現品、つまり120ml(2か月分)そっくりそのままのサイズです。

しかも定期便の回数縛りがなく、継続するかどうかは1回目の注文で決める事ができます

ちなみに、2回目以降も継続して購入する場合は定価の15%OFFの8,330円(税抜)で購入できます。

8,330円って、パッと値段だけ見るとちょっとお高めかな?という印象があるけれど、内容量が120mlと約2か月分は持つので、1か月あたりの値段は4,165円と実際はそれほど高くありません。

むしろ、オールインワンゲルでこのクオリティだったら安いかなと感じるくらい。

ちなみにAmazonや楽天、ドラッグストア、薬局などでの取扱はありません

ジェルの伸びもかなり良いので、夏場だったら2か月以上持つ可能性もありますし、電話をすれば発送のタイミングをずらしてもらえるので、「まだジェルが残ってるのに新しいのが来てしまう!」といった心配もありません(^^♪

また、初回購入してから毎日ジェルをしっかり使った後でも、「肌に合わない」「効果が感じられない」といったことがあったら全額返金してくれます

ヴィタクト全額返金制度

現品サイズで80%OFF、しかも60日間全額返金保証というのはかなりありがたい。

30日間の返金保証はよく見かけるけれど、60日間というのはあまり見ないので、しっかり試してから継続するかどうかを判断できるわけですね(^^)

ViTAKTのキャンペーンページを見てみる

ヴィタクトの定期便解約の手順は?

ヴィタクトの定期便はいつでもストップできるので、実際に自分の肌でじっくり試してから継続するかどうかを選べます。

その定期便の解約なんですが、「カスタマーサービスに電話」して解約を行います。

次回お届け予定日の10日前までにカスタマーサービス(0120‐404‐434)に電話1本すれば、簡単に定期便を停止することができます。

ヴィタクトの公式HPにも、その旨が記載されています。

VITACT解約手順13

私が解約の電話をした際にやり取りをした内容は、次のとおり(^^)

①定期便を解約したい旨を伝える
②電話番号聞かれる(会員情報照会)
③確認に名前をフルネームで聞かれる
④「次回〇月〇日から定期便ストップします」と言われる
⑤最後に解約理由を聞かれる

たったのこれだけです(^^)

実際電話でやり取りした時間は2、3分程度です。しつこい営業や勧誘ももちろんありませんでした。

「初回価格が1,800円ってかなりお得だけど、定期便での注文が必須ならやめておこうかな…」と思った方にとっても、こんなに簡単に解約できるなら、定期便での購入はそれほどハードルにはならないんじゃないかな?と思います(^^♪

定期便の解約もレビュー記事にしてますのでこちらの記事もどうぞ。

VITAKT(ヴィタクト)の定期便は解約できる?解約の手順と注意点

ヴィタクトの購入や定期便の申し込み方法と支払い方法の種類

まずはViTAKTのキャンペーンページを開きます。

ヴィタクトのキャンペーンページ

「今すぐモニターコースに申し込む」をクリック。

ヴィタクト定期便の申し込み手順1

必要事項を入力していきます。

ヴィタクト定期便の申し込み手順2

支払い方法はクレジットもしくはNP後払いが選択できます。NP後払いは手数料324円かかります。

ヴィタクト定期便の申し込み手順3

入力ができたら一番下の「お申込み内容確認」をクリック。

ヴィタクト定期便の申し込み手順4

入力内容と金額を確認して「ご注文を確定する」をクリックすれば完了です。

以上ヴィタクトの口コミ・レビューと申込み方法でした!

ViTAKTのキャンペーンページを見てみる

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。