肌ラボの極潤シリーズ「UVホワイトゲル」使用感や効果を体験レビュー!

今回は、「朝専用オールインワンゲル」としてぜひおススメしたいオールインワンゲルをご紹介。

ドラッグストアで1,500円で買えちゃう肌ラボの極潤シリーズ「UVホワイトゲル」です(^^)

UVゲル1

コチラはなんと「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」「パック」「UVカット(日焼け止め)」「化粧下地」の7役をこなしてくれちゃうんです!

去年の春に初めて使ってみて気に入って、今年もまた購入。90gと容量もそこそこあって、保湿だけでなくUV対策と化粧下地まで完了しちゃうからかなり重宝してるんです

SPF50にPA++++とUV効果がかなり高いのですが、通常のスキンケア用オールインワンゲルよりも肌への負担は大きいので朝専用として使っています

SPFとPAについては、後ほど紹介しています。また、詳細についてはコチラの記事も参考にしてくださいね。

オールインワンゲルにはUVカット成分入っている?おすすめの紫外線対策は?

スポンサーリンク

極潤UVホワイトゲルの成分や期待できる効果は?

この極潤UVホワイトゲルに含まれる主な保湿成分は、

  • ビタミンC誘導体
  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解ヒアルロン酸

の3種類。手短に紹介してみます!

ビタミンC誘導体

肌の抗酸化作用や色素沈着の防止、メラニン色素の抑制、新陳代謝を活発にするなどお肌にとって良いことづくしのビタミンC。そんなビタミンCは、実は壊れやすく不安定といった欠点が…。

そこで、ヒトの皮膚にしっかりと浸透するように改良されたものがビタミンC誘導体なんです。

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Naの「Na」はナトリウムのこと。保水性や浸透力に優れていて、お肌にハリを与えなめらかにしてくれるという役割を果たすもので、肌の保湿には欠かせない代表各ともいえる美容成分

加水分解ヒアルロン酸

加水分解、つまり水と反応させて分子を分解し、より小さな分子にすることで肌に浸透しやすい状態に生成されたヒアルロン酸です。粘度が低いのが特徴。ヒアルロン酸Naとダブルで使われる化粧品が多いみたい。

ということで、極潤UVホワイトゲルにはビタミンC誘導体による美白効果と、ヒアルロン酸による保湿効果が期待できるってわけなんです(^^)

スポンサーリンク

極潤ホワイトゲルの使用感レビュー

さっそく実際に使用感を紹介したいのですが、極潤UVホワイトゲルは「保湿(スキンケア)」「UV対策」「化粧下地」と、こなしてくれる役割が多いので、ここではこの3方向から見たレビューとしてご紹介したいと思います(^^)

最初に、中身のクリームはこんな感じ。

UVゲル2

色はほぼ真っ白で、かなりなめらかなクリーム。水っぽいかんじがして、サラッとしたかなり柔らかいとろみのテクスチャー。

UVゲル3

蓋を開ける時にななめにするとうっかりクリームをこぼしてしまうほど柔らかい。

極潤UVホワイトゲルの保湿効果は??

オールインワンゲルといったら、とにかく期待したいのが保湿力。夜の保湿はもちろん重要ですが、朝の保湿も同じくらい重要。これからお化粧して出かけるわけですから、しっかり保湿をしないと紫外線やエアコンなどの空気乾燥でお肌がカピカピになります。

まず、洗顔後の何もお肌につけていない状態の水分量がコチラ。
ピッと測ってみると…

肌潤糖14

33%という残念な数値。エアコンの影響もありますが、「Water(水分量)」も「OIL(油分)」もメーターが2コまでしか伸びません…。

UVゲル6

そして、極潤UVホワイトゲルをお肌にのせていきます。

ゲルを適量とって、肌にのせてみると、こんな感じ。

UVゲル7

白っぽいクリーム状のゲルがなめらかに肌に乗ります。

これを、丁寧に肌になじませると、わりとすぐにしっとりとしてきます。

多めにとってもすぐに肌になじむというのは極潤UVホワイトゲルの良いところの1つ。忙しい朝だからこそ、スキンケアは時短したいですもんね(^^)

1分程度でこんな感じにしっとりしてきます。

UVゲル8

そして水分量をチェックしてみると…

UVゲル9

39%まで上がりました!

通常、保湿を目的としたスキンケアを行った際は40%以上いくものなのですが、「日焼け止め」と「化粧下地」の役割を兼ねたものなのでこの程度。

塗った直後はかなりしっとりとしてきますが、ちょっと時間が経つと乾燥してくるかな?と個人的には感じます。

「日焼け止め」単体として見ると、かなり保湿力は高いと思います。ただ、コラーゲンやセラミドといった成分は含まれていないため、エイジングケアには向いていない感じです

スポンサーリンク

極潤UVホワイトゲルのUV効果は??

冒頭でもご紹介しましたが、極潤UVホワイトゲルは「SPF50」「PA++++」という高いUVカット効果を持ちます。

SPF50なら(平均)15分×50分で、通常15分で日焼け状態になるのを750分後まで遅らせることができます。

そして、PA++++は、紫外線A波を防ぐ強さを表すもの。UVホワイトゲルの場合はこの「+」は4つになってますので強力なチカラが期待できます。

つまりこの極潤UVホワイトゲルはかなり高い日焼け止め効果があるってこと

極潤UVホワイトゲルの化粧下地効果は?

3つ目の役割「化粧下地」の効果はどうなの??という点のお話。これはかなり難しいところなんですが…そもそも化粧下地には、主に次のような効果があります。

  • ファンデーションの「ノリ」をしっかりとさせるための、お肌とファンデーションとの接着剤の役割
  • 皮脂や汗による化粧崩れを防ぐ役割
  • フェイスカラーをコントロールする役割

他にも紫外線やホコリなどの外的ダメージからお肌を守る役割や、メイク落としの際に毛穴の奥にファンデーションの成分が深く入り込ませないための役割などもありますが、個人的には上記の3つの役割がメインかなと思っています。

で、3つ目の「フェイスカラーをコントロールする役割」は、この極潤UVホワイトゲルにはありません。

極潤UVホワイトゲルは白いクリーム状で肌になじむと色が消えるし、カラーコントロールの効果は最初から入っていません。

また、2つ目の「皮脂や汗による化粧崩れを防ぐ役割」については、私自身、今まで「化粧崩れを”完全に”バッチリ抑えてくれる下地」に出会ったことがなく、どうしても夕方になるとTゾーンのあたりが崩れてきます。よって、この点も効果はないと思います。

化粧崩れについては、どちらかと言うと「保湿をしっかりする」というところで対策をとっています。

なので、最も重視したいのが1番目の「ファンデ―ションのノリを良くさせる役割」

結局朝のメイク時に「化粧ノリが悪いな…」と感じると、どちらにしても化粧下地としてはNG。よって、この「ファンデーションのノリ」という点はどうかというお話なんですが、個人的にはとっても気に入っています。

下記の画像は、ごく一般的な化粧水のみを肌になじませた後と、極潤UVホワイトゲルを肌になじませた後にそれぞれファンデーションを塗った状態の写真。

まず、化粧水のみ(下地無し)の場合はこんな感じ。
※ファンデーションはパウダータイプです。

UVゲル10

こんな感じで、毛穴が隠れきらず、口の周りは粉を吹いてしまうのです。

次に、極潤UVホワイトゲルを塗った後にファンデーションを乗せた状態の写真がコチラ。

UVゲル11

毛穴もカバーできてしっとりとします。2つ画像を並べるとこんな感じ。

UVゲル12

化粧下地として使ってみても、悪くないと思います(^^

もちろん、個人差があるので、人によって「皮脂崩れをとにかく防ぎたい!」とか、「顔色を良く見せたい!」「くすみを全体的にカバーしたい!」といったお悩みがあると思うので、それぞれ自分に合う化粧下地を使うのがベストですが、「オールインワンゲル」として1つで何役もこなすゲルにしては、「ファンデーションのノリ」という点は合格かと

それから「化粧下地をふだんから使ってない!」という方がたまーにいますが、これは絶対NG。化粧下地は絶対にした方が良いです。

MEMO

昔、私も化粧下地いらなくない?と思っていたことがありましたが、化粧品売り場の美容部員さんに、「化粧下地をつけないのは、貼り紙を糊つけないではっつけているのと同じですよ」と言われたことがあります。本当にそうだと思う。

極潤UVホワイトゲル使用感まとめ

以上、「保湿(スキンケア)」「UV対策」「化粧下地」の3つの視点から見た極潤UVホワイトゲルのレビューでしたが、総合的には、

  • 保湿力…塗った後はしっとり、時間が経つと乾燥。他のものと併用がおススメ。
  • 日焼け止め…良い。日焼け止め特有の乾燥感や肌にはりつく感じもない。
  • 化粧下地…ファンデーションのノリを良くするという点では合格。

といった感じでしょうか(*^_^*)

それと極潤UVホワイトゲルを使う時の注意点を1つ。

これ、けっこう万能ですごく使いやすいんですが、ゲルがサラッとしていて蓋の裏につきやすいので、使い続けていくうちに、こんな感じに容器のフチ部分にゲルクリームのカスがついてしまうんです。

UVゲル23

蓋をしめると、こんな感じでゲルクリームがはみ出すんです…。

UVゲル24

こんな感じになってきたら、ちゃんと清潔なティッシュで拭きとるようにしてくださいね。

ゲルがこうやって酸素に触れた状態で保管してしまうと、酸化してしまい外気に触れたゲルクリームはあっという間に傷みます。それが、中のゲルクリームと混ざってしまうと、お肌に悪いです。

化粧品は保管の仕方も大事。極潤UVホワイトゲルは特に、3分の1くらい使うとこんな感じで外にはみ出してくるので、清潔に保管することをおススメします。

あ、ちなみにこの画像、「モロモロ」のカスみたいに見えますが、実際お肌につけた際はモロモロは出ませんのでご安心を(*^_^*)

総合的な意見としてはこんな感じ。

  • 保湿をちゃんとしたい場合は他の化粧品と併用がおススメ
  • 日焼け止めとしてはとても良い!
  • 化粧下地としてもまぁ使える
  • コスパは悪くない

といったかんじです。

おすすめ度:review_303.2/5点

アクセスの多い商品レビュー記事

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。