間違っていると効果半減!?スキンケアの正しい順番!オールインワンジェルと併用する場合はどれが先?

スキンケアの順番

毎日のお肌のお手入れ、どんな順番で行っていますか?なんとなくやっているけど、肌荒れもしないしこれで大丈夫でしょ!と思ってしまいがちなスキンケア。

学校で習うこともなく、雑誌や書籍、口コミや店頭などで聞いてなんとなくお手入れしている人も多いですよね。

しかし、もしかしたらそのお手入れ方法、間違っているかもしれません。間違った方法だと肌トラブルが出やすく、肌にダメージが蓄積されて気がついたら取り返しがつかないことになることも。

ここでは、基本のお手入れ方法と忙しいときに重宝するオールインワンジェルの使い方や選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

朝は守るケア、夜はしっかり保湿ケア

朝のケアと夜のケア

朝のお手入れと夜のお手入れが同じ、という人は多いかもしれませんね。しかし朝は守るケア、夜はしっかりと保湿ケアをした方がいいのです

朝は紫外線やエアコンによる乾燥、大気汚染、外気のほこりやチリなどの影響で肌はダメージを負いやすくなっています。それらの外的刺激から肌を守ることで、美肌を保つことができます。

そして夜には、日中のダメージを回復させるためのお手入れが必須。

肌は夜寝ている間に作られますので質のいい睡眠はもちろん、しっかりと保湿のケアを行い、寝ている間に乾燥しないようにすること、肌悩みを解消できる美容液やパックなどのスペシャルケアをしっかり行います

朝には基本のケアに加えて紫外線カット効果のある日中用美容液や日焼け止めを使い、夜にはスペシャルケアとしてパックやマッサージ、ナイトクリームなどでしっかりとお手入れをしましょう。

スキンケアに効果的な洗顔とは?

洗顔

基本のお手入れに欠かせないのが、洗顔、化粧水、乳液です。

夜寝ている間に肌は生まれ変わりを行いますので、肌表面にはいらない角質や皮脂の汚れなどが混ざり合ってついています。それらを朝の洗顔できれいに落とさないと、毛穴が詰まってニキビや肌荒れの原因になるのです

また、日中はメイクをしていますので、夜の洗顔はメイク落としをしてから洗顔を行います。

ここで気をつけたいのが、洗顔とメイク落としでは落とせるものが違う、ということ。

メイクは油性汚れです。そのためメイク落としで落とすことができるのは油性汚れのみなのです。その他の汚れは洗顔料で落とすことになりますので、両方使うようにしたいですね。

洗顔をするときにはまずぬるま湯で顔をすすぎ、洗顔料で泡を作ります。顔は泡で洗い、手が顔に触れないように気をつけましょう。

そして洗浄成分が顔に残らないようによくすすいで、肌あたりの優しいタオルで水分をふき取ります。洗顔の際にゴシゴシこすってしまうと肌の一番表面にあるキメが乱れてしまい、乾燥肌になってしまいます

肌のキメは水分や油分の通り道。ふっくらとしたキメを保つことでスキンケア効果もアップしやすいので、こすらないように気をつけて洗顔しましょう。

化粧水と乳液はオールシーズン!こすらないのが大事

ハンドプレス

洗顔の後に化粧水と乳液をつけます。肌は、水分と油分のバランスが整っていることで美肌環境が整い、トラブルも起こりにくくなるのです。

洗顔を行った後すぐに化粧水をつけていきますが、ここでも大事なのは「こすらないこと」です。

肌にしみこませようとしてコットンでゴシゴシとこすりつけていては、やはりキメが乱れてしまいます。優しい力加減で、円描くように鼓動と同じペースで肌につけていきます。使用する量は化粧水が500円玉硬貨大、乳液が10円玉硬貨大を目安にしてください。

夏などの暑い季節には、べたつくので乳液をつけたくない、つけない、という人がいますが、水分と油分のバランスが崩れてしまいます。

乾燥肌を進行させ、紫外線の影響を受けやすい肌になってしまいますので、オールシーズン必ず乳液は使いましょう

乳液の後に収れん化粧水をコットンでパッティングすると、清涼感のある仕上がりになり、べたつきもなくなります。Tゾーンや鼻のべたつきが気になる人は、収れん化粧水でTゾーンだけコットンパックをするのもおすすめです。

意外と大事なのはツール

コットン

化粧水や乳液、収れん化粧水を使う時に意外と大事なのはコットンです。コットンは安いものから少しお値段の張るものまで多数展開されていますよね。

コットンは毎日消費するものだから安くて十分!と思ってしまいますが、実はコットンの中には質が悪く、化粧水や乳液の栄養成分をコットンの中に抱え込んでしまい、肌に放出してくれないものがあります

サイドがプレスされていると接着剤を使っているものも中にはありますし、その接着剤が肌に悪影響を及ぼす可能性があります

また、サイズが小さすぎるものも肌をこする原因になりますので控えましょう

サイドがプレスされていない、ふかふかした感触のもの。特に化粧品会社の発売しているコットンは、ふかふかした感触で大きさも手に持ちやすく、スキンケア成分を肌に放出しやすくなっているのでおすすめです

化粧水だけではなく、乳液もコットンで使うようにしてください。

コットンで使った方が顔の隅々にまでスキンケア成分がいきわたりますし、手で使うと手にスキンケア成分が入り込んでしまって顔までいきわたりません。お風呂上りに手がふやけていた、なんて経験をしたこと、ないでしょうか。手は水分などをしっかりと吸収しますので、スキンケアもできればコットンで行いましょう。

スポンサーリンク

オールインワンジェルと併用する場合のスキンケア順番は?

オールインワンジェル

化粧水や乳液、美容液など1つで複数の役割を担う事ができる便利アイテムがオールインワンジェル(ゲル)です。

忙しくてスキンケアの時間がなかなか取れない方、子育て中の方などに人気があり、1つで済むので経済的ですし、こすりすぎないので肌の負担も軽減できます。

通常のスキンケアはオールインワンジェルだけでOKなのですが、他の化粧水などと併用したい!って場合の順番も紹介しておきます。

化粧水、美容液、乳液、収れん化粧水がある場合

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • 収れん化粧水
  • オールインワンジェル

の順番で使います。オールインワンジェルには日焼け止めやクリームなど、基本のお手入れの最後に使いたいコスメが配合になっていますので、手持ちと合わせる場合は最後に使うのがおすすめです

クリーム、アイクリーム、日中用美容液、紫外線カットコスメがある場合

  • オールインワンジェル
  • 朝の場合は日中用美容液、紫外線カットコスメ、夜はクリーム、アイクリーム

このように、基本のケアで主に最後に使うアイテムを持っている場合には、先に化粧水や乳液の働きのあるオールインワンジェルを使います

オールインワンジェルでスペシャルケアしたい場合

オールインワンジェルをスペシャルケアとして使うこともできます。スペシャルケアとして使う時には、夜用のオールインワンジェルの使い方や選び方を使いましょう。

夜用のオールインワンジェルは、クリームやアイクリームなどの働きも担っているので、肌をしっかりと保湿する働きがあります。

肌は乾燥しているとシワやたるみ、毛穴の開き、皮脂が過剰に出る、過剰に出てしまった皮脂が毛穴に詰まってニキビや肌トラブルにつながる、紫外線の影響を受けやすくなってシミができやすいなど、いいことがありません。

保湿のスペシャルケアコスメとしてもオールインワンジェルをお手入れに取り入れてみて下さい。

使い方は、洗顔後に厚めに塗りこみます。ラップをおでこから鼻にかけ、そして鼻から下にもラップをかけて5分程おいてください。

ラップ

できればその上から蒸しタオルをのせるといいですね。

蒸しタオル

5分経ったら蒸しタオルとラップをはがして肌に残ったオールインワンジェルをなじませ、クリームとアイクリームを塗り、お手入れ終了です。

フィトリフト4

基本のケアはきちんと教えてもらう機会があまりないので、自己流になりがちですよね。

しかし、間違えて覚えてしまうと肌トラブルの原因になります。一番のポイントは優しいタッチでこすらずに行うこと、水分と油分のバランスを保つこと、朝は紫外線カット、夜は保湿のケアをきちんと行うことです。

また、忙しくて疲れて、お手入れをする気力もない…という時にはオールインワンジェルがかなり役立ちます。肌に合うオールインワンコスメを見つけて、朝用と夜用で揃えておくといいですね。

オールインワンジェルは忙しい女性の頼もしい味方になりますので、積極的に活用して理想のウルプルの肌になってくださいね。

以上毎日のお肌お手入れの基本とオールインワンジェルの併用についてでした!

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。