医薬部外品と化粧品の違いは?医薬部外品でおすすめのオールインワンゲル

たまに耳にする「医薬部外品」って何?化粧品とどう違うの??と思ったことのある方は多いかと思います。時短でスキンケアできるオールインワンゲルの中でも、「医薬部外品」と書かれているものがたまにありますよね。

今回は、その違いと選び方・使い方、それから医薬部外品でおすすめのオールインワンゲルもいくつかご紹介したいと思います(^^

医薬部外品でおすすめのオールインワンゲルを先に見たいという方はこちらのボタンからもジャンプできます。

「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」の違いとは??

まず、オールインワンゲル含む多くのスキンケア用品は、大きく「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」の3種類に分けられます。

「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の通称。旧薬事法のこと)」により、スキンケア用品は上記のいずれかに属するように指定されているんです。

「シミ対策」とか「ニキビ対策」とか、同じスキンケアの目的・用途であっても、そのスキンケア用品が「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」かで実際の効果、効能や成分表示なんかも変わってきます

という訳で「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」この3つについてそれぞれ説明してみますね!

化粧品とは?

「化粧品」は、美容を目的として作られた美容品のこと。顔のお肌に関して言えば、「良くないところを隠しキレイに見せるためのもの」。

シミとかソバカスとかニキビ跡とか、ファンデーションやコンシーラーで隠したいですよね。口紅やリップグロスを塗ってキレイな唇に見せたいし、くすみや顔色が気になればチークをのせる。これらのように、美容を目的としているのものは「化粧品」に分類されます。

ここでは顔のお肌に関してのお話をしましたが、こういった一般的なコスメだけでなく、歯磨き粉なんかも化粧品に分類されているものもあるし、シャンプーやリンスなんかも化粧品に分類されるものがたくさんあります。

医薬部外品とは?

「医薬部外品」というのは、ある目的に対して有効成分が一定量以上配合されているもののこと。

厚生労働省より認可されたものは「医薬部外品」として名乗ることができて、化粧品よりも効果が期待できます

ただ、治療を目的としたものというわけではないため、その効果は「緩やかなもの」とされています。効能に関する表示も、例えば「シミ」や「ニキビ」に関してだったら、「シミが消える!」「ニキビが治る!」といった表記はされておらず、「シミを防ぐ」「ニキビをできにくくする」といった表記がされているはず。

これは法律上で決まっていて、医薬部外品には劇的な効能を謳うことはNGとされているんです。あくまで「予防」といったところを目的にした製品という感じですね。

医薬品とは?

「医薬品」は、ひと言で言ってしまえば「お薬」のこと。お医者さんから処方せんを出してもらって買える薬も、処方せんなしで買える風邪薬や胃腸薬なんかも「医薬品」になります。

これは、ちゃんと「改善」「治療」を目的としたものなので、「効く」「治す」といった表記がされていることが多いです。

もちろん、医薬品の中でも配合されている有効成分の量や種類は商品によって異なるので、「お肌の保護」とか「防ぐ」という比較的穏やかな表現での効能表記がされているものもあります。

というように、スキンケア用品の中でもそれぞれ含まれる有効成分の量や種類によって、「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」に分かれ、期待できる効能の表記も変わってくるんです。

効能や表記について実際に見てみよう

実際に、書かれている効能や効果がどんなふうに違うのか、ちょっとだけ例に挙げてますね(^^)

まず、ちふれのオールインワンジェル。これは「化粧品」です。

化粧品医薬部外品1

「たっぷり、しっかり濃密美肌」と書いてありますね(^^)

パッケージの別のところには、次のように書いてあります(クリックで拡大)。

化粧品医薬部外品2

「〇〇配合で肌のうるおいを保ちます。」

つまり、「乾燥してカサカサした状態のお肌から、うるおいを保った状態にする(見せる)ことができますよ」という意味。

このちふれのオールインワンジェルを使うことで「お肌にうるおいを与える」けれど、それによって「シワが消える」「たるみが改善される」というわけではないんですね。

MEMO

もちろん、肌を保湿しうるおいを保持することは、シワ対策にもたるみ対策にも大きく関係してくるけれど、医薬部外品や医薬品として認められる成分そのものや有効成分の量が一定量配合されてているわけではないため、「化粧品」として分類され効能表記もこのような表現になっているんです。

次に、医薬部外品の例はコチラ。

シミウスのホワイトニングリフトケアジェル。

化粧品医薬部外品3

コチラは、シミやそばかす対策を目的とした医薬部外品のオールインワンゲル。

パッケージの側面には次のような表記があります(クリックで拡大)。

化粧品医薬部外品7

「肌あれ・あれ性。メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。」

これは、美肌や美白のための有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」「プラセンタエキス」が一定量以上配合されているため、「医薬部外品」として分類されて、このような表記がされているんです。

最後に、ちょっとだけ医薬品も紹介。家にあったニキビの治療薬。薬局で買ったものです。

化粧品医薬部外品5

これは「医薬品」なので、「しっかり効く」「治療薬」と書かれています(クリックで拡大)。

化粧品医薬部外品6

「治療」を目的としたお薬で、「医薬品」として認められる成分が配合されているため、このような表記がされているわけです。

「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」どれが一番効果があるの?

具体的に、「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」の違いの説明と、実際商品に書かれている効能や表現について見てみました。さて、気になるのが、「どれが一番効くの!?」というところだと思います。

一般的には、「化粧品<医薬部外品<医薬品」の順に効果の大きさが変わってくると言われています。もちろん個人差などはありますが。

よくよく考えてみればうなずける話ですよね(^^)

だって、「化粧品はカバーするもの・キレイに見せるもの」「医薬部外品は有効成分が一定量以上入っているもの」「医薬品は治療するもの」が定義ですもんね。

なので、”人体に与える効果・効能”という意味では「化粧品<医薬部外品<医薬品」と頭に入れておけばOKです。

スキンケア用品は「化粧品」より「医薬部外品」の方が良い?

「医薬品」はお薬です、というお話をしたので、ここではふだんのスキンケアの際に「化粧品」を使うべきか、「医薬部外品」を使うべきかというお話をしたいと思います。

実際に、医薬部外品には有効成分が一定量以上配合されているということから、シワやシミ、肌荒れ、ニキビ跡なんかが気になったらとりあえず「医薬部外品」を使えばOKなんじゃ??と思う方も多いと思います。

ですが、実はそんなに単純なお話ではないんです。何故なら、医薬部外品には全成分表示の義務がないからです。一方で、化粧品には全成分表示の義務があります。

お肌というのは、人によって質が違います。アレルギーの有無もそうだし、「Aさんにはこの成分がとっても合うけれどBさんには合わない」といったこともあります。

つまり、医薬部外品が化粧品よりも効能があるからといって、もし医薬部外品であるスキンケア用品に「表示されていない成分」が肌に合わなかったら…。むしろ逆効果になってしまう可能性も。

また、医薬部外品の中には「香料」や「アルコール」を含んでいるものも中にはあります。

敏感肌の人の場合、そのような添加物で肌が荒れてしまうということもあり得るので、だったら有効成分が入っていなくても「添加物フリー」の化粧品の方が良かった、ということになりますよね。

要は、自分の肌の状態と肌に合った成分をよく吟味して選ぶということが重要なんです

個人的に一番良いと思うのは、医薬部外品を実際に使ってみて、「お肌のトラブルも特になく肌の調子も良い感じ!」と感じられたら、継続して使ってみるという選び方。

また、冒頭でもお伝えしたように、医薬部外品は医薬品と違い、治療を目的としているわけではないんです。

なので、「ニキビが出来やすい」「シミをこれ以上増やしたくない」というお悩みがあったら、「今後の美肌作りに備えて」医薬部外品を上手く活用するのがおすすめ(^^)

MEMO

ちなみに私の場合は、こんな使い方をしています。

私の肌の悩みは、「生理前にニキビが出来やすい」「今ある”シミ予備軍”をこれ以上大きくしたくない」の2点。

だから、「シミ・ニキビ予防」として医薬部外品のオールインワンゲル「リフトケアジェル」で普段のお手入れをして、できてしまったニキビに関しては、ニキビ治療薬を塗っています。(リフトケアジェルに含まれる有効成分”グリチルリチン酸ジカリウム”は抗炎症作用もあるのでニキビ予防にも良いとされています)

市販のニキビ治療薬でなかなか治らない、という時は、皮膚科に行ってより効果的なニキビ薬とビタミン剤を出してもらいます。

一度できてしまったニキビやシミ、シワをちゃんと「治したい」「消したい」というのであれば、それはもう化粧品や医薬部外品ではなく市販の医薬品、もしくは病院でしっかりとお医者さんに相談することが重要です(^^

以上をまとめると、こんな感じ。

  • 「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」は効果・効果、表示できる範囲がそれぞれ異なる
  • 一般的には効果の大きさは「化粧品<医薬部外品<医薬品」の順
  • 医薬部外品は全成分表記の義務がない、化粧品は全成分表記の義務アリ
  • 化粧品・医薬部外品に関係なく自分の肌に合うかどうかをまずは試してみることが重要
  • 肌に合う医薬部外品があったら予防目的として継続して活用する
  • できてしまったニキビや肌荒れ、シミを治療するならお医者さんに相談

という感じですね(*^_^*)

どうでしたでしょうか?
今あふれるくらいたくさんの種類の化粧品がある中で、「いったい何をどんな風に選べば良いの?」と悩んでしまう方がほとんどだと思います。

化粧品でも良いものは良いし、医薬部外品でも肌に合わないものは中にもある。成分を良く見て、自分の肌に合ったものを選ぶのがおススメですよ。

おすすめの「医薬部外品」オールインワンゲル

医薬部外品に分類されるスキンケア用品の活用方法についてお伝えしましたが、実際に私が使ってみて「良かった」と思うおすすめの医薬部外品オールインワンゲルを紹介します(*^_^*)

シミウス ホワイトニングリフトケアジェル

ホワイトニングリフトケアジェルの評判-1

ホワイトニングリフトケアジェルは、シミウスというブランドの中のオールイワンゲル。「シミ対策」に注目して作られたオールインワンゲルで、「化粧品」ではなく「医薬部外品」

医学雑誌にも掲載された実績のある商品で1つで10役を担うオールインワンゲルです。

商品はこんな感じ。

リフトケア6

このプルプルのジェルはかなりの弾力。

リフトケア8

半透明や白濁色のジェルはよくあるけれど、ここまで透明度の高いものは見たことがない(笑)ほぼ透明です。

シミウスの最大の特長は「隠れているシミ」にアプローチ。シミの原因であるメラニンの生成をしっかり抑制という点

また、既にできてしまったシミやメラニン対策にはジェル+マッサージによってターンオーバーを活性化し、老廃物を出すことでケアするというスタンスです

夏の紫外線対策・シミ対策に重要なのが次の2つ。

  • 美白対策:シミの原因、メラニンの生成、進行を抑えること←シミウスはこっち
  • UV対策:UV(紫外線)ダメージから肌を守ること(日焼け止めなど)

美白ってシミを予防することができる物、また、くすみをなくして、自身のもともとの肌色を目指すことです

美白効果を最大限に発揮できるのは、1年を通して毎日美白化粧品を使用すること。紫外線が多い、春夏にしか使用しない方もいますが、美白対策にはなりません。

その点オールインワンジェルであれば時間のない方でも続ける事ができますし、美白ケアが本当に楽

シミウスアップ

【シミウスのメリット】

  • 製薬会社が作っているシミ対策のための商品
  • 化粧品ではなく医薬部外品
  • 医学誌掲載の実績
  • オールインワンなのでケアが本当に楽
  • 結果的に1つで済むので経済的
  • しかも30日間の返金保証付き

そういう意味で爆発的に売れているメガヒット商品です。

さて、人気も認知度も高いホワイトニングリフトケアジェルですが、価格は2タイプ。

  • 定期便:3,795円(20%OFF)
  • 単品:4,743円+送料

定期便の縛りなどはありません。

定期便の解約は私も実際にレビューしましたが「次回発送の10日前なら電話1本でいつでも(1回だけでも)解約可能」です。

なので1回だけ試してみたいって方も定期便で問題はありませんし、30日間の返金保証もついてます!

シミをこれ以上増やしたくない!10年後もこの肌をキープしたい!という方におすすめのオールインワンです。

おすすめ度: 4.6/5点

ホワイトニングリフトケアジェルのキャンペーンページ

※支払い方法は「クレジットカード」「代金引換」「後払い(郵便局・コンビニなど)」の3種類から選択できます。

スポンサーリンク

ピュアメイジング

ピュアメイジングメイン

ピュアメイジングは「化粧水」「美容液」「乳液」「クリーム」「下地」「パック」の6役をこなすオールインワン。

大雑把に特長を言えば「プラセンタエキス」と「アラントイン」と呼ばれる2種の有効成分を含む「医薬部外品」。

1.肌代謝をサポートしてシミやそばかすを防いでくれたり、血行促進、肌に潤いを与えるといった役割の「プラセンタ」。

2.肌の炎症を鎮め、古い角質を取り除いてくれる役割の「アラントイン」。

この2つの成分の役割で「シミ」「敏感肌」「乾燥肌」「肌荒れ」「シワ」「ニキビ」と6つの効果があるよって感じ。

もちろんそれだけでなくて、角質のうるおいを保つカモミラエキスや皮膚を保護してくれるスクワラン、コラーゲンやヒアルロン酸など多くの美容成分が配合されています。

さて、ピュアメイジングはモロモロ(カス)もでませんし、使用感もいい感じで肌がすべすべした感じになります。

つけたあとしばらく経ってから皮脂浮きするようなこともありませんでした。

すべすべ

そして、スキンケア後の肌水分量を測ってみると34%から44%まで上昇!保湿力もなかなか。

ピュアメイジング25

オールインワンゲルも、テクスチャーによっては肌なじみはそれぞれ異なるためスキンケアの時間も少々変わりますが、コレは本当に楽。

1つでたくさんの悩みに対処できるオールインワンゲルなので、「肌に関してたくさんの悩みがある方」とか、「たくさんの基礎化粧品を使っている方」には特におすすめです。

ピュアメイジングはネット限定の商品なんですが価格は以下のようになってます。

  • 単品購入:4,996円+650円(送料)
  • 定期便:1,980円(60%OFF)送料は無料

容量は60gで、朝・晩毎日使って約1か月分。

お値段は初回お試しキャンペーン(定期便)で60%OFFの1,980円(税込・送料無料)で購入可能。定期便自体は3回継続の縛りがありますが30日間の返金保証付き!

実際に3回継続後にピュアメイジングの定期便を解約してみたのですがあっさり解約完了で早い(拍子抜けするくらい)!

2017年のMIGAC口コミ総選挙の「美白部門」「毛穴引き締め部門」でも2位の人気商品です。

口コミ総選挙

ピュアメイジングキャンペーンページを見てみる

おすすめ度: 評価4.2/5点

※支払い方法は「クレジットカード」「代金引換」「後払い(郵便局・コンビニなど)」の3種類から選択できます。

シズカゲル

シズカゲルの口コミや評判9

製薬会社である東洋新薬との共同開発によって誕生したこのシズカゲルは、医学誌にも掲載されたことのある「医薬部外品」で、これ1本で「化粧水」「美容液」「乳液」「クリーム」「パック」の5役。

シズカゲル定期便解約1

主な美容成分は次の3つ。

独自成分である「フラバンジェノール」、薬用美白成分である「アルブチン」、そしてシミ対策に最も欠かせない「ビタミンC誘導体」

シズカゲルの口コミや評判2

また、「医薬部外品」「効能評価試験済み」でもあることから、「美白効果」だでではなくシミやシワに対する効果がかなり期待できるオールインワンゲルでもあります

シズカゲル抗シワ

シズカゲルの口コミや評判3

ゲルはチューブタイプで、内容量は60g。

シズカゲルの口コミや評判9

テクスチャーはかなりのびが良く、肌なじみは抜群!肌に浸透した後はベタつきのないサラッとすべすべの肌感になります。

シズカゲルの口コミや評判12

使用感としてはベタつきがなく、サラッとした質感になります。肌への刺激感もいっさいなく、塗った後のモロモロも出ません。

肌画像-3

水分量も37%46%までアップ。

シズカゲルの口コミや評判14

シズカゲルの口コミや評判20

非常に使いやすく、ベタつきもないため、紫外線ダメージが気になる顔以外の腕や手、デコルテなんかにも使えますし、黒ずみが気になるひじや膝に使うと言ったボディークリームの用途としても大活躍してくれます。

さて、シズカゲル(60g/約1カ月分)を通常購入した場合と定期便で購入した場合の価格はコチラ。

  • 通常購入…4,980円(税込)+送料500円。
  • 定期便購入…2,980円(税込)。送料無料。

定期便で購入した場合、40%OFFでかなりお得にGETできます。しかも、2回目以降もずっと同じ価格(2,980円・送料無料)。

また、シズカゲルは定期便で購入しても回数の縛りがありません

私も実際に定期便の解約をレビューしてますが次回発送の10日前であればいつでも解約できます。

ちなみに、30日間の返金保証もあって、初回注文日から30日以内であれば、「使い切った後」でも返金してくれるのでかなり良心的。

シズカゲルのキャンペーンページを見てみる

※支払い方法はクレジットカードとNP後払いの2通りです。

もっと色々な商品を比較してみたい方は下記の総合ランキングもどうぞ!↓↓↓

以上医薬部外品と化粧品の違い、それから医薬部外品でおすすめのオールインワンゲルの紹介でした!

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。