ちふれオールインワンジェルの体験レビュー!コスパの良い市販のオールインワン

今回は、プチプラでかつお肌に優しい清潔感のあるイメージで有名な「ちふれ」のオールインワンジェルを使ってみたので、ちふれの特徴や体験レビューを紹介していきますね。

私が今回購入したのは、コチラ。お値段はなんと800円!ドラッグストアで800円代のオールインワンジェルはちふれくらいなんじゃないかな??

ちふれ1

化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の6つの役割を1つでこなしてくれちゃうんですね。

ちふれ2

それでは早速ちふれオールインワンジェルの特徴も紹介していきます!

スポンサーリンク

ちふれオールインワンジェル成分や期待できる効果は?

ちふれオールインワンジェルの特徴として、含まれる主な美容成分は下記の4つ。

  • ヒアルロン酸
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • トレハロース
  • オウゴン根エキス

ヒアルロン酸はよく聞く美容成分ですが、「トレハロース」や「オウゴン根エキス」は、聞いたことがあってもその効果はよく知らないって方もいるかもしれないので、これらの美容成分についてまず簡単に説明しますね(^^)

ヒアルロン酸・加水分解ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともとヒトの体内のあちこちに存在するものですが、水分保持力にとても優れた物質。なんとヒアルロン酸1gに対して水6Lもの水分保持力を誇ります。

一方、加水分解ヒアルロン酸は、従来のヒアルロン酸に手を加えてより分子量を小さくすることで、より肌に浸透しやすいものとして生成されたもの。通常のヒアルロン酸Naよりもより肌奥へと浸透するので、ヒアルロン酸Naよりも希少な成分と言われています。

化粧品に含まれるトレハロース

トレハロースは、キノコ類や海藻から含まれる天然の糖類のこと。高い保湿効果や、細胞を守る働きがあるということで、保湿力UPのための化粧品に含まれることが多いですが、食品などにも使われています。

お肌の水分保持力UPと保湿UPも同様に、高い効果が期待できるのがトレハロース

オウゴン根エキスとは??

オウゴン根エキスとは、コガネバナというシソ科の花の根の部分を乾燥させ、その根から抽出させたもの。

保湿作用はもちろんのこと、抗炎症作用でニキビ予防のはたらきをしたり、紫外線を吸収するフラボノイドが含まれていることから、シミの原因になる活性酸素を除去する作用があるなど、お肌にとって良いことづくし

もともと生薬として用いられているものなので、自然由来で肌にもやさしい。美容効果以外にも、抜け毛予防のはたらきもあるそうな。

ということで、「ヒアルロン酸」「加水分解ヒアルロン酸」「トレハロース」「オウゴン根エキス」の4つのパワーを持つちふれのオールインワンジェル。パッケージにもあるように、保湿力に自信がありそうな一品ですね(^^)

スポンサーリンク

ちふれオールインワンジェルの使用感レビュー

箱から出してみると、こんなふうに手に収まりそうなかんじでコンパクトですが、内容量は108gとそこそこの量。朝・晩ふつうの分量を使用しても1か月は余裕でもちそう。

ちふれ3

中身のジェルは、こんな感じです。

ちふれ4

色はほぼ真っ白で、とろみはあるけれどそこまで水分量は多くない。

ちふれ5

ドバっとこぼれるほど柔らかくはないけれど、ある程度のとろみはあってやわらかいクリームに近いかな?手の甲に塗るとこんな感じで、なめらかさがあります。

ちふれ6

これをさっそくお肌に塗ってみたいと思うのですが、その前に肌の水分量チェック。

いつものようにピッとしてみますと…

ちふれ7

なんと驚きの30%(゚Д゚;)これはまずい。エアコンのせいか??(笑)

ちふれ8

それで、ちふれのオールインワンジェルを塗ってみると、最初、肌に乗せた状態がこんな感じでかなりぬめりがありますが延びは良い。

ちふれ9

そして、肌にしっかりなじんだ後の状態がコチラ。

ちふれ10

このちふれのオールインワンジェルは、肌への吸収が比較的早いです。内から外に拡げながらハンドプレスを交えてなじませると、けっこう早く肌がしっとりしてきます。

で、実際の肌の感触は、かなり「しっとり」します。

しっとりしすぎてベタつきを感じるくらい。でも、なじんだ後少し時間が経つとベタつき感がなくなり程よいしっとり感になります

ちふれオールインワンジェルを塗った後に肌水分量を測ると…

ちふれ11

43%まで上がってました!!

ふだん、この水分量を測る時は頬の広い部分にあてるようにしていて、上記の43%という数値が出た時も頬の部分を測ったのですが、とってもしっとりするので試しに乾燥のしやすい目もとのあたりを測ってみると…

ちふれ12

47%まで上がってました!

ちふれ13

まぁ、目元は乾燥しやすいといっても、皮膚の薄い場所なのでスキンケア後は頬の部分よりも多めの水分量が出るというのはわりと当たり前なのですが、それにしても中々の保湿力。

ただ、デコルテとかにつけるとちょっとベタつくかもしれないので、ボディクリーム代わりにはおススメはしません

あと、脂性肌気味の人は、もう少しさっぱりした使い心地の方が好みかも??

それと、このちふれの良いところは他にもあります。外箱のパッケージの成分表に、

  • 商品に含まれる全成分を100%として、その中の各成分が何%含まれているか
  • 各成分が「どういった役割のものか」という点

この2つをちゃんと記載しているんです。

それがコチラ。

ちふれ14

で、多い順に書かれているんですが、保湿成分の「トレハロース」は3番目に多く含まれていて、ヒアルロン酸よりも多いんです。だからしっとりモチモチになるわけか。

「モロモロ」の原因と言われているカルボマーも表記されていますが、このちふれのはモロモロはいっさい出ません。

同様に、「防腐剤(メチルパラベン)」も表記されています。ですが、香料、着色料はフリー。つまり、ちふれのオールインワンジェルは「添加物フリー」というわけではないのです。

この点は、ちふれも公式HP上でも「添加物フリーではありません。必要に応じて安全が確保された防腐剤や界面活性剤、鉱物油を含むことがあります。」とちゃんと正直に書かれています。

このように「何の(どんな)成分が」「どのくらい」含まれているかを消費者にもちゃんとわかるように明記されている点は、使う人のことを考えているんだな~と好感が持てますよね(*^_^*)だって、成分表の難しい名前を見たって、一般の消費者には何のための成分かなんてわからないですもんね。

スポンサーリンク

ちふれオールインワンジェルを使ったパック方法

最後に、パッケージに書かれていたちふれのオールインワンジェルを使ったパック方法も紹介しますね。

使い方は簡単。

まず、さくらんぼ大2つ分を手に取ります。(パックではなく通常のお手入れの際は「真珠大2つ分なのでもう少し少ない)
このくらい。

ちふれ15

これを、顔全体に塗ります。パックの用途として使うので、肌にはすり込まずジェルを「置く」程度でOK。

ムラなく肌全体にジェルを乗せてたら、3分~5分放置。

そして、時間が経ったらティッシュで軽く拭き取ればOK。

ただ、先にお伝えしたように、このオールインワンジェルはけっこうしっとり感が強くて、最初はベタつきがあるので、ティッシュでふつうに拭うと貼りつきます。

なので、私は2枚組のティッシュを1枚の薄い状態にして、畳んで、油とり紙で皮脂を吸う要領でやさしく押さえてオフするようにしています。

ちふれ17

これでオールインワンジェルを使ったパック完了。

かなりしっとりモチモチ感が出ます。コスパがかなり良いので、パックの際にケチらず使えます。

ちふれ18

個人的には、多少ベタつきを感じてもしっとり感の強いものが好みなので、けっこう気に入ってます。

パックをする際に唇にも軽くジェルを塗って、小さく切ったラップで蓋をすると唇の保湿対策にもなりますよ私は鼻をよくかむので鼻の下が乾燥しやすく、口周りも荒れることがけっこう多いので、この部位の保湿対策はけっこう重要。

ちふれ19

でも、口の中に入るとちょっと変な味がします(笑)。

100%植物性というわけではないので、口の中には入らないよう、パックが終わったら軽くティッシュで押さえて、その後は飲み物など飲まず寝る直前などに行うのがベストかな?と思います。

ちふれの使用感まとめと価格

以上、ちふれのオールインワンジェルをまとめるとこんな感じ。

  • 108gで800円ととにかくコスパが良い
  • モロモロがでない
  • トレハロースの力でしっとり感&もっちり感が出る
  • 脂性肌の人には合わないかも?
  • 全身に使うとベタつくので部分使いがおススメ
  • パックとしても使える

といったところでしょうか。スペシャルなケアという感じではないものの、このお値段にしては優秀なオールインワンゲルです。
ちなみに、このオールインワンジェルは詰め替え用もあります。現品で買ったって安いのに、どこまでも経済的。

おすすめ度:review_353.7/5点

アクセスの多い商品レビュー記事

スポンサーリンク


コメントをどうぞ!

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。